デリケートゾーン脱毛の色素沈着に対する対策

デリケートゾーンの脱毛が巷で流行しています。

特に、若い女性の間ではデリケートゾーンのムダ毛をきちんと処理することが女のたしなみとして定着しつつあります。デリケートゾーンの脱毛では、レーザー脱毛が主流となっています。

詳細はこちら

レーザーを脱毛したい部分に照射すると、レーザーが毛に含まれるメラニンだけに反応し、毛根細胞を破壊します。


毛の毛根細胞が破壊されると、時間の経過とともに毛が抜け落ちて減毛していきます。


ただ、デリケートゾーンはショーツとの摩擦によってできる黒ずみが問題となることがあります。デリケートゾーンの黒ずみが著しい場合は、レーザーを照射することが不可能です。


なぜならば、黒ずみにはメラニンが含まれるためにレーザーが反応し、痛みや火傷の原因になってしまうからです。そこで、病院側では黒ずみ対策として美白の処置を施して黒ずみを緩和します。



美白効果によって黒ずみが緩和されれば、レーザーを照射することが可能になります。


また、粘膜に近い部分の施術は、病院によって内容が異なります。



病院によっては、安全性のために粘膜に近い部分はレーザー照射をしないところがあります。

また、利用者の希望にそうため、出力の弱いレーザーを照射して刺激を和らげたり、針脱毛で粘膜に近い部分の脱毛に対応しています。

このように、デリケートゾーンの黒ずみに対してはトラブル防止と皮膚を保護する観点から、施術前に様々な処置が行われています。